ゼファルリンの決め手は4つのアミノ酸 実際どう作用する?

精力アップの要因を説明します

 

どうしてゼファルリンを飲んでペニスが増大するのでしょうか?
ゼファルリンを飲むと次の2つの変化が起こります。

 

・血流が増大する
・海綿体細胞が成長する

 

 

「血流増大で膨張率アップ」

脳が性的刺激を受けると、普段は柔らかいペニスに血流が流れ込みます。
ペニスは海綿体というスポンジのようなものでできていて、このスポンジが血を吸収することで硬く勃起します。
なのでペニスへ流れ込む血流を増やすことは勃起時の膨張率をあげる上でとても大事なのです。

 

 

「ベースの大きさは海綿体細胞の成長次第」

そしてペニス自体を大きくするのは、海綿体細胞を大きくすれば良いわけです。
海綿体細胞を大きくするのは簡単なことではありません。
唯一効果のある方法としては、成長ホルモンと男性ホルモンを増やし、海綿体の細胞の成長を働きかけることが考えられています。

 

この血流増大と海綿体細胞の成長に効果的な成分はズバリ、アミノ酸です!

 

 

「血流増大できるアミノ酸といえば・・・」

血流を増やす働きをするアミノ酸はシトルリンとアルギニンです。
シトルリンは体内に吸収されやすく、高い血流増大効果が期待できます。
シトルリンのその高い血流増大効果は医学の分野でも認められ、医薬品として使用されているほどです。
アルギニンは血流増大効果に加えて、筋肉を増強する役割も果たしますので、アスリート用のサプリメントによく使われています。

 

 

「海綿体細胞を増大させるアミノ酸といえば・・・」

海綿体細胞の増大には、成長ホルモンと男性ホルモンを増やすことがとても大切です。
成長ホルモンの分泌を増やすアミノ酸は既に紹介したアルギニン。男性ホルモンの分泌を増やすアミノ酸はトンカットアリです。
トンカットアリは「天然のバイアグラ」とも呼ばれ、マウスにこのトンカットアリを投与したところ、24時間勃起し続けたそうです。

 

 

「ホルモン分泌のサポートはトリプトファンにお任せ」

そしてホルモンの分泌をサポートするのに、欠かせないアミノ酸といえば、トリプトファンです。
トリプトファンは神経をリラックスさせる作用のあるセロトニンの働きをコントロールします。
人間強いストレスを感じていると不眠になり、イライラしますよね。
これはストレスのせいでセロトニンが十分に働かず、不眠になり、ホルモンバランスが崩れるからです。
このようにホルモンの分泌がしやすい環境を整えるという意味でトリプトファンはとても重要なのです。

 

このようにゼファルリンに含まれている、シトルリン、アルギニン、トンカットアリ、トリプトファンの4つのアミノ酸のおかげでペニス増大が可能になるのです。